墓じまいについて 〜流れを解説〜

墓じまいとは?

お墓の墓石を撤去し、更地に戻し、お墓を閉じることを一般的に墓じまいと言います。墓じまいをするということはお墓がなくなるということなので、その後どのような形で供養をするかを考えておく必要があります。

墓じまいの一般的な流れ

状況・状態の確認

まずはお墓の中の状況を把握しましょう。 誰の遺骨があるのか?破損や汚れの状態など確認してください。 複数の骨壷がある場合は誰の骨壷かがわかるように印をつけておくとわかりやすいです。

墓じまい後の行き先

墓じまいの後の遺骨の行き先を決めましょう。 現在の墓じまいの多くは「お墓を守る人がいなくなるから」といった理由でご決断されることが多いです。
そういったことを踏まえた上で、遺族のライフスタイルや人生観に合った供養をしましょう。

トラブルに注意

寺院や霊園、石材店、親族との間にトラブルも起こりうることです。 あらかじめ相談しながら進めていくほうがトラブル回避に繋がります。
もっとも多いのが親族同士のトラブルだと言われています。法律的な取り決めはないので遺族間でよく話し合い

改葬許可申請をする

散骨や自宅供養の場合は「新しいお墓」はありませんので改葬手続申請は必要ありません。通常はお寺や霊園にその旨を伝えて遺骨を引き取ります。
但し、中には「改葬届けがないと遺骨はお渡しすることはできません」というお寺や霊園もあります。その場合は改葬許可申請書の改葬理由欄に「自宅で供養するため」と書いて提出するようにしてください。
「散骨するため」と書くと許可されない自治体も多いようです。散骨業者によっては受入証明書を発行している業者もあるので相談してみるのも良いでしょう。

墓を撤去する費用や業者の選定

般的な墓じまいの相場は30万以内です。 重機が必要な場所にあったり、車が入れない場所だったりと状況によって価格の上下があります。
お近くの石材店に複数連絡して数社から見積もりをとることをお勧めします。
見積もりの際には以下が含まれていることも確認しておきましょう。

  • 墓石撤去費用
  • 基礎撤去費用
  • 重機使用の場合にはその費用
  • 作業人夫の数
  • 作業時間
  • 墓石処分費用
  • 取り出した遺骨のメンテナンス

    永代供養する場合は骨壺内の水抜いた後、骨壺を洗浄します。

    散骨する場合は中の水を抜いて散骨業者に依頼することで、乾燥させて粉骨してくれます。

    納骨堂に預ける場合はお骨を洗い、乾燥、殺菌といった流れになります。希望している納骨堂に相談してみましょう。

    水抜きをして(散骨)業者に依頼し、乾燥させてもらいましょう。自宅供養したい旨を伝えると返送してもらえます。

    墓じまいにかかる時間

    墓じまいを思い立ってから散骨が終了するまでに長い場合ですと半年から1年近くかかることがあります。
    親族の同意や檀家に入っている場合は離檀の手続きなど、想定しなかったことも起こり得るので早めに準備しておくようにしましょう。