散骨は特定の墓ではなく自然全体を供養場所と考えた葬送方法

・散骨が注目される理由
「散骨」はお墓を持たない葬送方法として、近年注目する人も増えています。
経済的に負担が軽いことや、自然葬を希望する人などが、ニーズに合ったものとして利用するケースが多いです。
故人が亡くなる前に自ら散骨を希望する場合もあれば、死後に遺族が散骨を決める場合もあります。
散骨の具体的な方法としては、海や山などに砕いた骨を撒くことです。
骨をそのまま撒くことはできず、必ず細かく砕いて粉末にしてから行う必要があります。
散骨方法の種類には様々なものがあり、必要に応じて適切なものを選択しますが、散骨を選ぶ背景には経済的要因や家族的要因があります。
墓を建てる場合は、当然ながら墓地の選択や墓石の購入など、高額な費用が必要です。
墓を建てる十分な経済的余裕がない場合は、費用を抑える供養方法が必要になります。
永代供養のような形をとって、合同で供養する方法もありますが、その場合でも特定の神社などで納骨する場合がほとんどです。
散骨は、自然葬とも呼ばれており、そういった特定の場所に遺骨を納骨するわけではなく、場所に縛られない形で埋葬する形式になります。
したがって、遺族は墓を建てる必要もなければ、その後の管理をする必要もありません。
定期的なお墓参りの必要もなくなります。
経済的な問題だけではなく、家族的な側面として、実際にお墓参りする子孫が少なくなってしまったり、いなくなってしまったりすることもあります。
また、遺族が高齢になり墓参りに行くことができなくなるようなケースも考えられます。
墓地によっては交通の不便な場所もあり、そのような場所にあればなおさら高齢者にとって墓参りをすることは大きな負担になります。
あるいは遠くの場所に引っ越しをした場合に、お墓参りが難しくなるケースもあります。
故人が生前にそのような状況を考慮して、遺族の負担を軽くするために散骨の希望をする人もいます。
また、「自然に還る」という発想から、故人が生前に自然葬である散骨に思い入れを抱く場合もあるでしょう。
自然と一体化するという散骨の目的に共感する人も多く存在します。
散骨は古い過去においては普通に行われてきたものであり、現代においてそのような価値観を大切にしたいと考える場合もあります。
墓じまいという観点からも、散骨を望む人も増えています。

・海洋散骨について
散骨の具体的な種類としては、多く利用されているのは海に遺骨を撒く方法です。
散骨のイメージとして、海に撒くシーンを想像する人も多いでしょう。
実際にも海を利用した散骨方法が最も一般的です。
海洋散骨と呼ばれ、それには大別して、個別散骨、合同散骨、委託散骨の3種類の形式があります。
「個別散骨」は、専門業者を通じて一つの家族が単独で散骨を行う方法であり、個別的に船をチャーターして実施します。
そのため他の海洋散骨と比較して費用は高く、経済的負担の大きな方法になります。
「合同散骨」は、複数の家族が合同で行うものであり、専門業者が間に入って各家族のスケジュール調整や準備を行います。
船のチャーター代は分割されるため、個別散骨に比べて費用は安くなります。
「委託散骨」は、遺族は乗船せず、全てを業者に任せて散骨を行うものです。
最も安い費用で行うことのできる方法です。
業者を通じなくて個人で海洋散骨を行うことも可能ですが、その場合は漁場や海水浴場のような散骨に適さない場所で行わないようにしっかり注意する必要があります。
適さない場所で散骨した場合は個人のルール違反になるため、トラブルに巻き込まれないためにも業者を通じて行った方が確実で安全に行うことができます。

・山での散骨について
散骨は、山で行うケースもあります。
海上ではなく、土地や大地に遺骨を撒きたい場合は、この方法での散骨が考えられます。
生まれ育った場所の山や気に入った山など、故人が思い入れのあるところを選ぶケースも多いです。
山への散骨の場合も、散骨場所の選択は近隣とのトラブルにならないように細心の注意を払う必要があります。
海と違って、陸には人が住んでいます。
許可を得ていない場所に撒くことはもちろんできませんし、撒く場合は必ずその土地の権利者の了解を得る必要があります。
業者に依頼すれば適切な場所に散骨することができ、ルール違反をしてしまう心配はありません。
費用に関しては、海洋散骨のように船を利用する必要はないため、それに比べて安く行うことが可能です。

・空から散骨する方法
空中から散骨する方法もあります。
故人のゆかりの地をヘリコプターなどで飛びながら、最終的に海に向かって粉末状の遺骨を上空から撒く方法です。
空中から遺骨を撒くというダイナミックな方法で、ヘリコプターなどの飛行手段を選択してチャーターする必要があるため、その費用は高額になることがあります。
搭乗人数には制限があり、あまり多い人数で移動することはできない点も考慮しておくことが必要です。

・宇宙散骨について
カプセルに入れた遺骨を人工衛星のロケットに乗せて打ち上げる「宇宙散骨」という方法もあります。
遺骨は大気圏で消滅することになります。
もちろん家族はその瞬間を見ることはできませんが、ロケット打ち上げの立会いに行くことは可能です。
海洋はもちろんのこと、空中散骨に比べても、宇宙散骨は稀な散骨方法です。

・海外での散骨
日本国内ではなく、海外で散骨する方法もあります。
この場合はその国の法律に従った散骨方法をとる必要があり、国内とは違って手続きが多くなるケースもあります。
また海外渡航費などの費用は別にかかるため、国内で散骨するよりも、総額で費用が高くなる場合が多いです。

・散骨後の供養はどうすればいいか
散骨自体には費用は必要ですが、散骨は墓じまいを行う供養方法であるため、墓の建立費や維持費がかからない点がメリットです。
その一方で、墓じまいをした後の供養はどうなるのかという疑問を持つ場合もあるでしょう。
散骨をした後に遺族が供養をしたくなっても、墓がないためできないというデメリットがあります。
遺骨を分骨しているのであればともかく、全て散骨してしまった場合は遺骨自体もなくなっています。
但し、墓という具体的な場所がないだけで、実際には海や山に粉末状になった遺骨を撒いているわけです。
海全体、山全体が供養場所と考えることができます。
どうしてもお墓に花を手向けたいというような場合ならともかく、自然葬という形式から考えれば、自然全体が供養場所と捉えることができます。
特定場所の縛りから抜け出し、大きな自然という場所が供養場所と位置付けることが可能なのが、散骨の大きな特徴と言えるでしょう。

・散骨は法律上の問題はないが遺族間の同意を得ておく
散骨に関しては、法律上大丈夫なのかという疑問を持つ場合もあるでしょう。
具体的な散骨に関する法律はなく、したがって散骨を禁止する法律もありません。
法務省の見解としては、節度を守った形であれば問題ないとされています。
つまり、散骨する場合はしっかり骨を砕いて粉末にしてから撒くことや、散骨場所を他人の迷惑にならないようにするなどの節度が求められます。
散骨にあたって大切なことは、遺族間での理解や同意を得ておくことです。
他の遺族に相談せずに勝手に散骨をして、後でトラブルになるケースもあります。
墓地やお墓を使用せずに、墓じまいという形で散骨することに抵抗感のある遺族もいる可能性があるため、行う場合はしっかり話し合って納得してもらうことが必要です。