主な自然葬の種類と墓じまいのメリットは?デメリットも含めて解説!

お墓を維持するのにもお金がかかり、それを負担に思う人も増えています。
首都圏ではお墓の土地を確保するだけでも難しいケースがあるだけでなく、地方にお墓を作れば維持管理やお墓参りに行く手間などがかかります。
生活に余裕のない若い世代が増えているからこそ、進んで負担を減らそうと考える人も珍しくなくなっているのです。
一方で、一般的なお葬式とは違う部分が多くなるため相談できる場所が限られるなど、デメリットについても学んでおく必要があります。

・墓じまいの主なメリットデメリット

お墓をなくして更地にする墓じまいは、お墓を維持するお金がない人が無縁仏になった場合に行われるのが一般的でした。
より良い条件のお墓に引っ越すための改葬などはあっても、墓じまいはそれほど行われてこなかったのです。しかし、樹木層などの認知度が上がり、自分のお墓を持つこと自体に疑問を持つ人なども増え、少しずつ自主的に墓じまいをする人が増えているのです。
墓じまいの主なメリットは、お墓を維持する費用などがかからなくなる点です。お墓を維持するためにはお寺に供養費などを支払っていく必要があります。この維持費をカットできるのです。
また、お墓を持つことで墓参りなどの様々なイベントが行われる場合がでてくること、お墓を守らなければならないなどの意識が生まれる場合があるのもポイントです。相続の際にお墓をだれが守るかでもめるケースがありますが、そもそもお墓がなければお墓に縛られることなく残される家族が生活できるようになります。
家族を自由にするためにお墓をしめてしまうという考え方もあるのです。
主なデメリットとなるのは、お墓をなくすことで家族や親戚が集まる機会が減る可能性があることです。歴史がある家の場合は血族間で揉める可能性もでてくるため、自分の一存では墓じまいができない場合もでてきます。
また、墓じまいはタダでできるわけではなく、墓石の撤去費用などがかかることにも理解が必要です。墓石の撤去には10万円から30万円程度、お墓が大きければ更に費用がかかることもあるため一時的に費用負担が高くなる可能性があります。

・主な自然葬の種類は?

墓じまいを検討する人が増えた理由の一つが、自然葬の知名度が上がり、調べるのが簡単になったことです。もともとお墓を持っていない人や、親戚のお墓などには入りたくないという人が自然葬を選ぶケースもあります。
遺骨を自然に返し、お墓を作らないという選択肢もとりやすくなっているのです。
自然葬にも種類があり、様々な場所への散骨が行われています。

1.樹木葬

もともとは美しい里山を残すために岩手県の祥雲寺が行った埋葬形態の一つです。
墓地として利用する許可を得た山中に骨を埋め、墓標代わりに植樹を行うというものでした。
樹木葬が可能な公営型の墓地も誕生しています。

2.散骨樹木葬

樹木層は骨を生める必要があるため、墓地としての利用許可が必要になります。
しかし、骨を細かく砕いて遺灰をまく場合は法律上の扱いが変わるため墓地としての利用許可が不要になります。
土地の権利者、管理者の許可があれば散骨ができるため、遺灰をまいてその中心に植樹などを行うのが散骨樹木葬になります。

3.海洋散骨

海に散骨を行うのが特徴で、遺族が実際に散骨を行えるもののほか、業者が代行して散骨を行うケースがあります。
遺族の散骨はスケジュールの調整や船のチャーター費用などの負担がかかるため、費用を安くしたい場合に代行が行われます。
また、寝たきりで動けない家族のかわりに依頼が行われるケースなどもあります。

5.山林葬

自然散骨の一つで母なる大地に還り、そしてまた地球に生まれ変わりたいと願う人や「海はちょっと・・・」といった方の希望を合わせた散骨スタイルです。
海洋散骨とともに国内で注目されている供養の一つになってきました。

6.海外散骨

海外には散骨に関する法律などがなく、散骨が可能なケースが存在します。海外の散骨が可能な場所で散骨を行うサービスも存在するのです。
注意したいのは法律に関する知識がないと知らずに罪になる可能性がありえることです。
そのため、海外での散骨は代理業者などを通じて依頼することが一般的になっています。

7.宇宙葬

遺骨の一部をカプセルにいれて宇宙に打ち上げる葬儀です。打ち上げの様子を記録した動画を残すなど、様々なオプションがつく場合もあります。
費用が高いだけでなく、取り扱い業者が少ないことに注意が必要です。

・自然葬以外の方法はある?

遺骨は自然葬で自然に返すほか、自宅に保管する方法もあります。仏壇などに遺骨を納め、自宅で保管する人もいるのです。
また、遺灰からダイヤモンドを作り、持ち歩く人や保管する人もいます。
遺灰を利用してダイヤモンドを作るサービスが存在し、一部をダイヤモンドにして残りを散骨するか、自宅で保管するということも可能なのです。
費用は業者や作りたいダイヤのサイズによって異なるものの、原石作りで数十万円、カットやジュエリーを作成した場合は更に追加費用がかかるのが一般的です。

・散骨は違法なのか合法なのか

樹木葬などがあるのがわかると、自宅の庭などに骨を生めてもいいのではと考える人がいるかもしれません。
注意したいのは人の遺骨を埋めることは法律上許されていないことです。事件性がある可能性もでてくるため、墓としての利用許可を取っていることや、様々な書類の確認を行うことが前提になってくるのです。
ただし、遺骨ではなく、遺骨を粉々に砕いた状態で散骨をする場合は法律上の規定がなく、合法でも違法でもないグレーゾーンの状態になっています。罰則する規程自体がないため、違法ではなく、罰もない状態になっているのです。そのため、散骨をしたから即違法ということができないのです。
しかし、自分の土地で散骨を行うのか、他人の土地で散骨を行うのかでは意味合いが異なってきます。他人の土地に許可なく遺灰をまけば、それを不吉と思う人や不快に思う人がでてきてもおかしくないからです。
精神的な苦痛を与えた場合や、不動産の価値が低下する要因を作った場合は裁判などをおこされる可能性もでてきます。自分の保有しない土地に散骨をする場合は土地の保有者や権利者、管理者に許可をとる必要があるのです。
また、一部の自治体には散骨に対する条例が存在し、散骨自体が許可されていない場合や、許可をとらずに散骨をした場合に罰則が作られている場合もあります。国の法律ではなく、地域の条例で制限を受けることもあるのです。
勝手に散骨をするのはリスクがある行為であることに理解が必要です。そのため、葬儀会社や自然葬を行う業者に相談し、実際に法律上に問題がないことを確認した上で依頼するのが最も安全になります。
専門的な知識を持った人間に依頼するのが基本になっているのです。

・お墓との関わり方は人による意識の差が大きくなっている

お墓との関わり方は人による意識が違い、不要だと思う人も珍しくなくなっています。お墓を維持するという意識が当たり前とは限らないのです。
少子化の影響で、自分がいなくなった後のお墓の管理を迷う人も増えています。管理を任せられる人がいないからこそ、お墓を閉じて散骨を希望するケースもあります。
もちろん、自然に返ることが理想になっている人や、思い出の土地に遺灰をまいてほしいという人もいます。海外の名所に散骨する業者なども存在し、メディアに取り上げられるなど話題になったものも存在するのです。
お墓との関わり方、死生観は人それぞれだからこそ、墓じまいや自然葬も選択肢の一つとして一般的になりつつあるのです。