インタビューVol.57「家族、親族に相談もなく、勝手にお墓を移してしまった叔母にイライラ」

家族、親族に相談もなく、勝手にお墓を移してしまった叔母にイライラ

ライフエンディンサポートへお寄せいただいた供養にまつわるエピソードをご紹介いたします。

あなたの供養にまつわるエピソードを教えてください

匿名希望

法事やお盆、お墓まいりの度にイライラします。

もともとはお寺の境内にある墓地にお墓がありました。
お墓の掃除やお参りをしていたのは叔母でした。
お寺は叔母の家から自転車で10分ほどの位置にあり、(叔母は車の運転ができないので、いどうはいつも自転車です)道も平坦で便のよいところにありました。
が、ある日突然お墓をお寺の境内から別の墓地に移すと宣言、勝手に実行したのです。

お墓を移したのはこちらも家から自転車で10分程の場所ですが、墓地が山を切り崩したような場所に位置するため、家からお墓まではずっと上り坂です。

しかも墓地も山の斜面にあるので、墓地に着いてからお墓までもずっと上り坂。
正直言ってどうしてこの場所にお墓を移したのか、理解できません。
お墓を移したからと言って、叔母は以前より頻繁にお墓まいりに行くわけでもないのです。
祖母や父の法事の時になると、お墓を勝手に移した叔母へのストレスは更に大きくなります。

境内の墓地にお墓ぎあれば、家でお経を読んでもらったあと、お寺へ移動してそこでお墓とお位牌堂でお経を読んでもらえたのですが、今では家→お墓→お寺と移動続き。
親族の中にはかなり高齢の方や足の悪い方もいて、急勾配の墓地を歩くのに一苦労されています。

しかもお墓に着いたと思ったら、おっさまがお経を読み終わっており、お参りもそこそこにすぐ坂を下ってお寺に移動するといった、かなり慌ただしいことになっています。

自分でお墓を移動した叔母は坂道が大変だとブツブツ文句を言う始末。

さらにイライラするのが、お墓の数です。
叔母の夫はもう亡くなっているので、夫側の家族のお墓が一つと、夫側の親族のお墓?が一つ、さらには古すぎて誰なのか分からない小さな暮石の集合体が一つの計三つ、お墓があるのです。

お寺からお墓を移す際に叔母の夫のお墓以外は、墓じまいというのか、お寺で供養してもらえば良かったのに、そのお墓たちも一緒に移動してしまったことです。

叔母の性格が面倒くさいことは他人に押し付けるまたは後回しにするということと、自分の物が減るのが大っ嫌いということからそのまま移動してきたと思うのですが、(叔母は信心深い人間ではありません)、後々お墓の管理をするのは母や私の世代になります。

墓じまい費用を準備してくれている訳がないので、そういった費用も私たちが用意しなければならないと思うと腹ただしいです。

世代が違うとお墓に対する考え方も違うかもしれませんが、自分の思いつきだけでどうしてここまでできたのか…全くもって意味がわかりません。お墓を守っていきたいならば、後のことをきちんと考えて色々やってほしいです。